税理士の選び方


税理士探しは非常に重要です。

税理士は一般の方では知りえない法人・個人の秘密情報を扱います。

そして、一度契約すれば、長いお付き合いになることが多いため、感覚が合わない税理士と長年お付き合いすることは大変なストレスがかかります。

 

 

私だったらこう選ぶ!! 税理士がこっそり教える税理士の選び方


ここでは、税理士の私だったら

どのような方法で税理士を探し、どんな税理士と契約するかといった切り口で税理士の

選び方を紹介します。

1 知人の紹介

紹介してもらう知人が信用できる方であれば有効的な方法です。

紹介は紹介者が間に入っているため、

紹介する側も税理士の人間性・力量を図ったうえで紹介するはずです。

また、税理士サイドとしても、紹介者の顔をつぶさないよう配慮します。

ただし、人と人の出会いはいざ会ってみなければ分からないため、

紹介してもらったはいいけど、何となく合わない場合もあります。

このような場合、紹介者の手前、断りづらいなどの欠点があります。

 

2 税理士紹介会社

複数の業者が存在し、その業者を通じて税理士を紹介してもらえます。

一定の距離を保ち、税理士を比較することが出来ます。

何人か会えば、自分とフィーリングが合う税理士が見つかるかもしれません。

また、比較的若い税理士を紹介する場合が多いようです。

ただし、仲介会社のなかには、税理士とのフィーリングではなく、

仲介会社にとって都合がよい税理士を紹介するとの話も聞こえてきます。

そのため、親身になってくれる仲介会社の選択が重要となってくるのではないでしょうか。

 

3 自分で探す

自分で探す方法はいくつかあると思います。

 

①ホームページで探す 

インターネットが発達している現代において、最近は多くなっています。

ホームページをみれば、事務所の概要が分かります。

料金表を載せている事務所も最近は多くなっています。

また、その事務所が何を得意としているのか掲載されているケースもあります。

更に税理士と面談する前にいくつもの事務所を比較することが可能です。

ただし、デメリットもあります。

それは、事務所によってはホームページに力を入れていないということです。

特に地方にいけばいくほど、その傾向が強いように感じます。

また、税理士の業務内容をよく理解している方であれば上手に比較ができますが

税理士の業務内容をあまり理解されていない方にとっては、

業務内容がイメージできないため、適切な比較が難しい面もあると思います。

 

②交流会などに参加する 

税理士は色々な交流会に参加しています。地方では商工会議所などの交流会に行けば

税理士以外にも弁護士や司法書士などの他の専門家とも知り合いになる機会があります。

また、地域の交流会に参加すると何人も税理士と知り合うことが出来き、地域での評判などもわかります。そして、知り合いになった税理士の中から、自分と波長の合う税理士を

見つけることが出来ます。

そして、税理士選びに時間的ゆとりがある場合には、少しお付き合いしてから決めることも可能です。

 

税理士の選び方 7つのチェックポイント


1 相性が良いか?

どんな商売をしようとも一番大事だと思います。

特に税理士とは長年付き合う方が多いため、フィーリングはとても大切です。

 

2 専門は何か?

病院に内科・外科などがあるように税理士も得意な税目と不得意な税目があります。

そして、得意な業種や不得意な業種があります。

一般的なの中小企業に関する申告であれば、どの税理士も出来る業務であるため専門を気にする必要はありませんが、資金繰り対策、相続税対策、組織再編、大規模法人に関する申告などの場合には、その税理士が一体何を得意な業務としているのかを確認する必要があります。

 

3 レスポンスの速さ

これもどのような商売をしようとも大切なことです。

自分と仕事のスピード感が違う税理士と長年付き合うことはストレスのもとになります。

 

4 社長の味方になり、痛みを共有できるか?

税理士は、お金に関しては社長の最も身近な存在になります。

税理士によっては税務調査の際、税務署の味方?といった方も見受けられます。

社長のために一緒に戦ってくれる税理士を選びたいものです。

 

5 偉そうにしないか?

このようなことを書かなければいけないのは業界人としては恥ずかしいのですが、

稀にいるタイプです。

一昔前は、税理士が足りない時代があり、やってやる。といった上から目線の税理士が

いまだに存在します。このような税理士とは付き合う必要はありません。

 

6 税務調査に対応してくれるか?

税務調査は多いところでは3年に1度程度の頻度で入ります。

税務調査では業種により必ずチェックされるポイントもあります。

税務調査があったときにどのような対応をしてくれる税理士であるのかも税理士選定には重要なポイントです。

 

7 ITに対応しているか?

税理士業界でも高齢化が進行しています。

税理士の平均年齢は60歳を超えており、PCでの作業に対応していない税理士も未だ多く見受けられます。

税務署も電子申告やマイナンバーの導入など、今後ますますIT化を進めていくと思われます。

また、近年ではFreeeなどの自動仕訳技術も急速な進歩を見せており、経理の合理化を図るうえでITに対応していることも選定の重要ポイントだと思われます。

 

 

税理士実態調査( 参 考 )


税理士実態調査とは10年に一度、日本税理士会連合会が登録会員に対し調査をし、まとめたものを公表しているものです。直近では平成26年に行われ、その結果が平成27年5月に発表されました。以下では、その調査結果のうち一部を載せました。(無記入分は記載していません)

 

税理士の年齢

(1)税理士会全体の年齢構成

20代  0.6%

30代  10.3%

40代  17.1%

50代  17.8%

60代  30.1%

70代  13.3%

80代  10.4%

(2)草加市・越谷市が属している関東信越地域における税理士の年齢構成

20代  0.4%

30代  7.9%

40代  14.8%

50代  20.3%

60代  31.1%

70代  12.9%

80代  12.6%

税理士の性別比較

男性   85.1%

女性   12.8%

税理士の業務従事年数

 1年以下   4.3%

3年以下   8.3%

5年以下   7.6%

10年以下    17.7%

20年以下    24.1%

30年以下    18.8%

40年以下    10.6%

40年超     8.1%

顧問報酬の相場

 (1)個人の月額報酬

1万円以下    34.7%

3万円以下    50.9%

5万円以下    10.0%

7万円以下    1.6%

10万円以下   1.2%

10万円超    1.4%

 

(2)法人の月額報酬

1万円以下   7.7%

3万円以下   52.5%

5万円以下   27.7%

7万円以下   5.6%

10万円以下  4.0%

20万円以下  1.6%

30万円超   0.9%

 

(3)個人の決算報酬(経常的な関与のみ)

5万円以下   49.6%

10万円以下  29.6%

20万円以下  15.1%

30万円以下  3.6%

50万円以下  1.4%

50万円超   0.6% 

 

(4)法人の決算報酬(経常的な関与のみ)

5万円以下      7.6%

10万円以下     20.3%

20万円以下          42.5%

30万円以下     18.2%

50万円以下     7.6%

100万円以下       3.0%

100万円超           0.9%

 

報酬規程の有無について

(1)税理士会全体の報酬規程の有無

設けている   32.3%

設けていない  64.3%

 

(2)草加市・越谷市が属している関東信越地域における報酬規程の有無

設けている   35.6%

設けていない  61.3%

 

 (出所:第1328号 税理士界)