基礎控除


【 基礎控除とは 】

 

相続財産がこの金額以下であれば課税されません。

基礎控除は平成27年1月1日以後開始相続から改正されました。

 

改正前 5000万円+1000万円 × 法定相続人の数

 

改正後 3000万円+600万円 × 法定相続人の数

 

この改正により相続税の申告割合が大幅に増加しました。

平成26年の相続税申告割合は約4%でしたが、平成27年の増速税申告割合は約8%と

2倍に膨れ上がりました。

 

【 法定相続人に関する注意点 】

 

基礎控除を計算するうえで把握しておきたいのが、養子がいる場合と

相続放棄をした者がいる場合です。

 

・相続放棄をした者がいる場合 上記の計算上、法定相続人の数に含める。

 

・養子がいる場合には基礎控除の計算上は人数制限があります。

 被相続人に実子がいる場合  1人まで

 被相続人に実子がいない場合 2人まで

 

(ただし特別養子などの場合には制限がありません)