死亡保険金の非課税枠


 

相続税の対象となる死亡保険金の額(※)には一定の非課税枠があります。

しかし、死亡保険金を受け取った人すべてが非課税枠の恩恵を受けられるわけではないことに注意すべきです。

 

 

 

【 非課税枠の計算 】

 

(1)限度額計算

 

非課税枠の計算は以下のとおり(保険金額>非課税枠の場合)

 

500万円 × 法定相続人の数 × その相続人が取得した死亡保険金合計

 

          ÷ 被相続人の全ての相続人が取得した死亡保険金の合計額

 

何だか、法定相続人とか、相続人とか似たような言葉で出てきますが、この言葉の意味をしっかり捉えることが重要です。

 

(2)法定相続人の数

 

この数についてのポイントは相続放棄した人と養子の人数のカウントです。

①相続放棄した人 ➡ カウントします。

②養子の人数   ➡ 他の実子がいる場合  1人が上限

           他に実子がいない場合 2人が上限

 

(3)相続人の範囲

ここでいう相続人の範囲とは民法上の相続人のことを言います。

ここでも相続放棄した人と養子の人がポイントです。

 

①相続放棄をした人 ➡ 範囲に含まれない。

②養子       ➡ 上限はなく、養子で保険金を受けたった人は含む

 

 

 

 

 

 

※ 生命保険金に関する課税についても