配偶者の税額の軽減(相続税)


【 制度概要 】

 

被相続人の財産形成に配偶者はとても大きな役割をはたしているため、配偶者が相続又は遺贈により財産を取得した場合には一定金額までは相続税がかからないことになっています。

 

一定金額とは以下の金額のうち、どちらか多い金額です。

① 1億6000万円

② 配偶者の法定相続分

 

【 適用要件 】

 

配偶者の税額軽減は、配偶者が実際取得した財産をもとに計算するため、

相続税の申告期限までに分割されていることが適用要件となっています。

ただし、申告期限後3年以内の分割見込書を提出している場合などで実際に3年以内に

分割をしたときなどは、更正の請求などにより税額軽減を適用することができる。