決算診断

 

 

 

 

 

本日は、ミロク会計人会のセミナーに参加して参りました。

 

 

 

セミナーの内容は、『決算診断』についてです。

 

『決算診断』は企業の健康診断のようなものです。

 

具体的には企業を6つの指標により分析を行うことにより決算自体の

 

商品価値をあげ、決算診断を通じ経営者の方の経営への理解を

 

深めるためことを目的としているわけです。

 

この6つの指標は金融機関が企業格付けに用いる6つの指標ですから

 

同時に金融機関対策にもなります。

 

今回のセミナーでは、決算診断の重要性を注視したものでしたが

 

その中で、非常に勉強になったことは顧問先様への決算診断の提示方法です。

 

講義中で以下のような話がありました。

 

「健康診断では様々な体の数値が出てきます。この数値が良いか悪いかは

プロであるお医者さんにはわかりませすが、素人である患者はその数値だけ

では良し悪しが判断付きません。ですから、健康診断は患者用のものとして

良し悪しが分かるようにA~Eみたいな形になっています』

 

これを聞いたとき、衝撃的でしたグー

 

私は顧問先様に、プロ仕様の資料を出して説明していたのではないかと

 

思ったのです。

 

プロ仕様の資料をみて理解できるのであれば我々、税理士はいりませんよね叫び

 

これはすべての業種に通ずることだと思いますが、

 

自分たちの基準で物事を図らず、サービス業であれば、お客様の目線に

 

たち物事を考えることを今一度考え直すことが重要ですね。

 

日々、勉強ですメラメラ