相続税申告書に記載するマイナンバー

 

 

 

税理士にとってマイナンバーが本格的に関係してくるのは年末からとばかり思っていました。

 

 

 

 

しかし、予想していたよりも早く影響が出来てきました。

 

相続税申告書に記載する必要があるのです。

 

記載すべき相続は平成28年1月1日以後の相続

 

対象者は被相続人・相続人全員分

 

申告書も国税庁の様式を確認したら、平成27年のものと変わっています叫び

 

税務申告のシステムもまだ対応出来ていないということシラー

 

そして、問題は被相続人のナンバーも知る必要があるということ

 

相続人の方に事情を話してみると、手元にナンバーの控えがないので

 

役所に聞くしかなく、役所に聞いてみたら番号法上、同一世帯でなければ

 

教えられないとのこと。(今回の案件は同一世帯でないので調べられない)

 

税務署に聞けば書いてくださいとしか言われず叫び

 

まだマイナバーは役所同士の連携がうまくいっていなし、番号法自体も

 

厳しくするあまり、様々なところで支障をきたしていると思う今日この頃です。