高圧線下の土地評価

 

 

本日はまさしく秋晴れ。

最近は、真夏に戻ったように暑くなったり、台風の影響で雨が降ったりと

10月とは思えないような天気だったので事務作業日々でした。

 

 

 

 

 

そこで今日は、ご依頼頂いた相続に関する財産評価のため現地確認 🚲 🚲 🚲

 

土地の評価は、路線価図と公図や測量図があれば評価自体は出来ます。

 

 

 

でも、地評価において、現地確認は非常に重要です耳

 

 

 

なぜか?

 

 

 

 

それは現地確認を行うことにより、評価減の可能性を発見するたです。

 

実は今日も、現地調査の結果、評価減の可能性を発見。

 



 

この写真を見て気づいた人。

 

素晴らしいです。

 

 

 

 

 

 

そう、とってもいい天気目

 

 

 

 

 

 

だけではなく、そう、高圧線ですグッド!

 

 

 

 

この高圧線下に土地がある場合、評価減の対象となります。

 

区分地上権に準ずる地役権の目的となっている宅地ということで30%~50%の評価減が使えます。

 

 

一般的には登記簿謄本で地役権が設定されているケースが多いと思いますが、

 

地役権が及ぶ範囲は一体、どこまでかを考えるうえでも現地確認は必須です。