川口市の税務調査事例【個人事業者】


川口市でアフィリエイトを行っている個人事業主の方より税務調査に関するご相談を頂きました。

 

税務署より税務調査の通知がきたため心配になり、弊所へご連絡頂きました。

 

電話にて相談内容をざっくり確認させて頂いたうえで、実際にお会いし、申告内容を確認させて頂くことになりました。

  

調査前の事前相談にて申告内容の誤りを発見


調査対象期間は3年とのことでした。

 

電話相談で消費税の納税義務について気になったため、確定申告書を5年分もってきて頂きました。

 

申告書を拝見すると以下の特徴がありました。

  • 売上は年度ごとにブレはあるものの1,000万円前後。
  • ここ2年ほどは1,000万円を大きく超えている。
  • 車の償却率が100%経費算入されている。

ここから、税務調査が実施される一番の目的は消費税の納税義務確認であることが容易に想像できました。

 

そのため、売上についても詳しく確認をしてみると入金があった際に売上を上げていることが判明しました。(翌月入金)

 

個人事業主の方から所得税の確定申告の依頼を受ける際、売上の計上を入金基準で考えてしまっている方が非常に多くいらっしゃいます

税務調査前の対処方法と結果


このまま臨場調査を迎えると以下の加算税が課されることをお話ししました。

 

消費税  ➡ 数年分の無申告加算税が課される。

 

所得税  ➡ 売上が1月分計上漏れが生じているため、過少申告加算税が課される。

       また、車については使用割合により経費算入せよとの指摘が予測され、

       家事費相当についても過少申告加算税が予測される。

 

そこで、調査前に消費税については期限後申告。所得税については修正申告書を提出することとしました。

 

結果としては、臨場前に上記申告書を提出し更正予知前ということで加算税の軽減を図ることができたと共に税務調査自体は半日というスピード決着にて終了させてることが出来ました

 

(本事案については、匿名にて概略のみをブログでご紹介することをお客様のご了承の上、紹介させて頂いております。そのため、実際事案と異なる部分も含まれています。)

税務調査をはじめて受ける方へ


一般の税務調査はあなたが考えているほど、恐ろしいものではありません。

 

キチンとした知識を備えたうえで、受け入れるべきことは受け入れ、反論すべきことはしっかり主張しましょう!!

 

はじめて税務調査を受ける方が知っておきたい基礎知識 【check】

 

税務調査に関するご相談


 

税務調査に関するご相談  【check】

 

埼玉県越谷市蒲生寿町15-37

あさひやビル2階 (東武伊勢崎線:蒲生駅 徒歩3分)

ひらい税理士事務所