融資・資金繰り法人成り・会社設立・新設法人

融資を受ける際に事業計画書が必要となるケースとは?


融資の申し込みをする際に金融機関の担当者から「事業計画書」を提出してほしいと言われることがあります。

「事業計画書」なんて作ったことないよ。という経営者も多いですが、なぜ金融機関の担当者は「事業計画書」の提出を求めるのかあなたは知っていますか?

「事業計画書」の提出を求められる理由を知ることにより、どのような事業計画書が必要なのかも知ることが出来ます。

以下では「事業計画書」の提出が求められる本当の理由を金融機関との打合せを再現しながらご紹介したいと思います。

事業計画書について金融機関担当者との打ち合わせ

【 事案 】

顧問先A社についてS信金のほうから事業計画書の提出を求められました。

その理由を弊所取引先金融機関担当者のJさんと打ち合わせで確認をしてみました。

金融機関の担当者は「事業計画書」をどのように捉えているのか?

本事案を通して参考にしてみてください。

~ある日の打合せ~

ひらい
ひらい

Jさん、弊所の顧問先が追加融資を受ける際にS信金さんから事業計画書の提出を求められました。顧問先の社長はまだ若い方のため事業計画書の作成をしたことがなく、S信金の担当者さんから顧問税理士に作ってもらえとお話があったそうです。

Jさん<br>
Jさん

なるほど・・・・。

そもそも「事業計画書」の作成を税理士さんにお願いするというのもおかしい話ですね(笑)

事業計画を確認したうえで融資の実行有無を判断するのが金融機関としての本来の姿だとは思いますが・・・・。

事業計画書を作ることにより自社の経営を見直して頂き、本当に追加資金が必要かどうかを検討してもらうことも重要だと思います。我々の業界では「貸すも親切、貸さぬも親切」なんてこともいいます。

ひらい
ひらい

確かに・・・・

たまに顧問先の社長から、資金的には少し余裕があるけど融資してもらおうかな?と相談されることがありますが「社長はお金があると自分のお金と思ってつかっちゃうからダメ!!」といったことは過去に何度もあるかも(笑)

そういった意味でも今回は自分の力で「事業計画書」を作成してもらう意味は十分にあると考えています。

Jさん
Jさん

自分の会社の将来はこうなる!!という未来の姿を紙に落としこむのが「事業計画書」で形式なんかも決まっているわけではないですからね。

まだ若い社長さんであれば改めて会社としてやりたいことを考え、数字を作っていくことは良い機会かと思います。

ひらい
ひらい

経営者であれば何となく「こんな将来にしていくぞ!!」というものがあるはずですから難しく考えずに書いてみると良いと思っています。

ところで、Jさんはどんな時にお客様に「事業計画書」を求めていますか?

Jさん
Jさん

私が「事業計画書」を求める場合は財務内容があまり良くないケースが多いですね。

そもそも、財務内容がピカピカの場合には稟議書を書く際に苦労はほとんどしません。

決算内容が悪い場合で融資を受けても将来の返済目途が立たないなんて場合には、「事業計画書」を上手に使い将来の返済見通しをしっかりアピールできると良いと思います。

ひらい
ひらい

なるほど。

決算内容の悪さを「事業計画」で補填するイメージですね。

Jさん
Jさん

イメージとしてはそんなところです。

ただ、「事業計画書」の提出を求めるとバラ色の計画を提出してくる方がいますが、これはやめて頂きたいなあと思ってしまいます。

「事業計画書」の数字が絵に描いた餅では困りますし、金融機関の担当者としても、数字の根拠がないと評価できないんですよ。

ひらい
ひらい

確かに創業融資などを受ける方の事業計画書などをサポートする際にありがちですね。

あくまで計画書なので完璧なものは出来ませんが実現可能かどうかは重要になってきますね。

ところで決算数値の改善を事業計画書に入れ込むことについてはどうお考えですか?

Jさん
Jさん

改善案も入れ込めると良い事業計画書になります。

金融機関としては財務内容が悪い際の補填資料として事業計画書の提出を求めているわけで、そもそも財務内容が悪化した原因があると考えています。

数字だけ良くなりますという事業計画書ではなく、企業が独自に自社の経営課題を見つけ、どのようにその課題に取り組むのか?ということが分かれば財務内容の改善も根拠が生まれます。

ひらい
ひらい

なるほど。

確かにJさんのおっしゃる通りですね。

社長には自社の問題点を改めて考え、その改善策を入れ込んだ事業計画書の作成を行うように伝えたいと思います。

色々教えて頂いて有難うございます。


草加市・越谷市の税理士 ひらい税理士事務所

〒343-0836

埼玉県越谷市蒲生寿町15-37 2階

048-940-7495

メールでのお問合せ

タイトルとURLをコピーしました