建設業に関係する税務

建設業に関係する税務

消費税のインボイス。相談事例から考えてみよう!(建設業・一人親方編)

不動産投資・賃貸業を営んでいる方とインボイス制度導入についてどう対処するかを検討。
建設業に関係する税務

空調設備(エアコン)の取付業務は簡易課税制度では何種か?

消費税の簡易課税制度において業種区分の判定は非常に難しい場合があります。今回はエアコンの取り付けについて検討をします。
建設業に関係する税務

法人成りをする際に気を付けたい事業用資産と債務の引継ぎ

事業を個人で開始し、年々売上が増加し軌道にのったため法人成りをしたいという相談は非常に多く受けます。 その際、資本金の額や法人の設立形態の次に多い相談は個人の資産と債務をどのように法人へ引き継がせればよいのかという問題です。...
不動産賃貸業・投資の税務

銀行に決算書を提出する際には補足説明をしょう

融資をスムーズに実行してもらうためには、社長自身が自社の決算書についてしっかり説明できることが重要です。金融機関に決算書を提出する際には担当者に良い稟議書を書いてもらうためにもしっかり補足説明をしましょう。
不動産賃貸業・投資の税務

金融機関へ融資を申し込む前に意識したい7つのこと

闇雲に融資のお願いをしていませんか?金融機関に融資を申し込む場合には事前準備が非常に重要です。
建設業に関係する税務

消費税のインボイス制度の導入により法人化は令和3年10月までがお得?

令和5年10月1日より消費税のインボイス制度が開始されます。同日以後は消費税の免税事業者になることが取引先との関係上、難しくなるといわれております。いずれ法人成りをしようと考えている方にとっては令和5年10月1日は是非、意識してほしい日にちです。
建設業に関係する税務

決算書に役員貸付金の記載がある場合には注意

中小企業の経営者は日々忙しく、自社の試算表や決算書をじっくり確認されている方という方は意外に多くありません。 そのため、知らぬ間に役員貸付金という科目が決算書に登場し、この科目の金額がどんどん大きくなっている会社を目にします...
不動産賃貸業・投資の税務

はじめての消費税確定申告(個人編)

売上が1000万円を超えると消費税を納める義務が発生する。と個人事業主の方であればどこかで聞いたことがあるかと思います。 当事務所でも確定申告のご依頼を頂く際、消費税申告が発生する時点からというものが比較的多い気がします。 ...
建設業に関係する税務

ここが危ない!! 建設業の税務調査

建設業の税務調査に詳しい税理士が実際の税務調査の立ち会い経験から調査官からどんなことを指摘されるかをご紹介します。
建設業に関係する税務

役員報酬の減額

草加市・越谷市の税理士の平井です。 本日のテーマは役員給与の減額です。 役員に対する給与は1度決定したらその期が変わるまでは変更できないと聞いたことがある人は非常に多いと思います。(定期同額給与) しかし、会社経営をして...
建設業に関係する税務

従業員に対する期末賞与

本日は決算対策として利用される期末時点での従業員への賞与について。 年度目標利益を達成した場合など、利益が予定より多く出た期には従業員の福利厚生や決算対策の意味を込めて期末時点で従業員に対し賞与の支払いを決定するような場合があります...
タイトルとURLをコピーしました