相続税

不動産賃貸業・投資の税務

親に支払う地代は必要経費に出来るのか?その他の問題点は?

地主さんからの相談で多いのが親の土地のうえに子供が建物を建てるケース。 この場合、安易に考えている方が多くいますが、一歩間違えると多額の税負担が発生するため注意が必要です。 以下では実際にあった相談事例を対話形式にてご紹介...
不動産賃貸業・投資の税務

親が所有している不動産を子が譲り受ける場合の注意点

相続税対策や管理上の問題から親が所有しているアパートの贈与はよく受ける質問の1つです。アパートの贈与は自宅の贈与などとは異なり、負担付き贈与に該当してしまう場合や借地権の認定課税を避けるために工夫が必要です。
相続税申告・相続対策

役員借入金を計上しておくことのデメリット

役員借入金についてのご質問 実務上、「役員借入金」という科目は本当によく見ます。 感覚としては中小企業の3社に2社はあるイメージです。 役員借入金が少額であれば便利な勘定ですが、この金額が数千万円もあるよ...
相続税申告・相続対策

亡くなった方が老人ホーム等に入っていた場合の小規模宅地の特例

亡くなった方が老人ホーム等に入っていた場合の小規模宅地の特例を適用する際の注意点
相続税申告・相続対策

相続税対策は本当に必要?

相続税対策をすべき人は実は限られています。必要以上に対策を行うことは家族関係に悪影響を与える場合もあります。
相続税申告・相続対策

吉川市の相続【失敗事例】

相続業務を行っていると、不動産の登記をする前にお声がけ頂けると良かったのにと思う事案に当たったりします。 最近行った相続税申告についても、結果は変わらないのに登記を先に行ってしまったことによる失敗事案がありました。 相...
相続税申告・相続対策

新設される配偶者居住権

民法改正に伴う配偶者居住権(令和2年4月施行)についての税務上の取り扱いが徐々に明らかにされてきました。 配偶者居住権が利用されるようなケースを考えてみる。 そもそも、配偶者居住権が制定される理由は、配偶者が相...
相続税申告・相続対策

相続税申告時に誤りが多い無道路地の評価

相続税負担を圧縮する方法としては、相続発生日前に対策を行っておくことは最も重要です。 しかし、相続が発生したあとも重要な判断を行う必要があります。 二次相続を見越した一次相続の分割や相続税申告自体をどう行っていくかです...
相続税申告・相続対策

役所調査により土地の評価額を減額しよう

相続税申告を行う際、避けて通れないのが土地の評価です。 弊所でも相続税申告や贈与税申告に伴い、年間多数の土地評価をやらせて頂いておりますが、一つとして同じものがない土地評価については、一見簡単そうに見えても難易度が非常に高い...
相続税申告・相続対策

相続税の税務調査

平成27年1月1日より基礎控除の大幅な減額に伴い課税対象者も約2倍となりました。 そのため今後ますます相続税の税務調査も身近なものとなってくるのではないかと考えられます。 相続税の税務調査は他の税目に比べ非常に高い確率...
相続税申告・相続対策

端株の取り扱い

財産調査を行っていると相続財産に上場株式がある場合に、端株が存在するケースに遭遇します。端株といえども、買取請求が可能であり、財産価値がある以上、相続財産に含まれる必要があります。 今回は、この端株について確認したいと思います。 ...
相続税申告・相続対策

換価分割に関する税金について

遺産分割には3つの方法があります。 財産をすべて現物により各相続人間でわける『現物分割』。不動産など分けにくい財産がある場合に、分けにくい財産を現金にしてから分ける『換価分割』、分けにくい財産を相続人の誰かが取得する代わりに取得者か...
不動産賃貸業・投資の税務

相続により事業を引き継ぐ方は青色申告承認申請書の届出に注意しよう!!

今回は相続により賃貸不動産を取得した場合や個人事業を承継した相続人が青色申告の特典を受けるために提出する青色申告承認申請書について確認をしていきたいと思います。 被相続人が死亡した日によっては青色申告承認申請書の提出期限が準...
相続税申告・相続対策

これで完璧!! 相続時における固定資産税の取り扱い

アパート、マンション、駐車場を所有している方にご相続が発生した場合には、準確定申告を行う必要が生じます。 準確定申告を行う場合には、必要経費の確認を行いますが、不動産所得の計算上大きなウェイトを占める固定資産税の取り扱いには...
相続税申告・相続対策

相続発生後の年金等に関する取り扱い

年金や確定申告を行ったことに伴い発生する場合がある還付加算金はいずれも雑所得とされています。 ただし、被相続人に係る年金や還付加算金は相続時には取り扱いを異にするため注意が必要です。 相続発生後の被相続人に関する年金の取り扱い...
相続税申告・相続対策

これで完璧 相続時の退職金

相続が発生した際、退職金の取り扱いについて「退職金のうち一定額は非課税ですよね?」と質問を頂くことがあります。 この質問に返答する場合には、その退職金がいつの時点で決定しているかが非常に重要です。 退職金の取り扱いパターン ...
相続税申告・相続対策

相続時の給与の取り扱いを徹底解説

今回は比較的若い方が亡くなられた場合に発生する問題となる死亡後に支給される給与についての相続税及び所得税上の取り扱いを検討します。 取り扱いは支給時期がいつであるかにより、相続税の課税対象となる場合と所得税の課税対象となるものに大別...
相続税申告・相続対策

未分割時の事業所得はだれのもの?

個人事業者が死亡し、その者が営んでいた事業をだれが引き継ぐか争いがあるような場合、事業について未分割状態となりますが、この期間の所得はだれのものになるかご存知ですか? このような場合には、所得税法第12条の実質所得者課税の原則に基づ...
相続税申告・相続対策

未分割時の不動産所得はだれのもの?

賃貸アパートや賃貸マンションのオーナーが亡くなった場合、分割協議が整うまでのいわゆる未分割期間の不動産所得は一体だれのものになるかご存知ですか? 一見すると、分割協議が整ったあとに物件の所有者となった相続人等が取得しそうです...
相続税申告・相続対策

準確定申告書添付の付表 5つの書き方ポイント

準確定申告書を提出する場合には、通常の確定申告書の用紙に必要事項を記載するほか、原則として『付表』を添付する必要があります。 また、還付税額が発生する場合に相続人の代表者が一括して受け取るようなときは、付表の他に委任状もあわ...
タイトルとURLをコピーしました