ブログ


 

  事務所通信として日々の業務などを中心に

 

ここだけ”の内容をブログとして

 

不定期に更新しています。

 

 

最近のブログ(10テーマ)


会社にバレないように不動産投資を行うには?


最近、副業を認める会社も増えてきてはいるものの、まだまだ、一般の会社では副業は認められていません。

 

不動産投資が、会社の副業禁止規定に該当しない場合も多いとは思いますが、人の妬みや無用な争いは避けたいところ。

 

そこで、今回はどのようにしたら会社にバレずに不動産投資を行うことが出来るかということをご紹介したいと思います。

 

続きを読む

亡くなった方が老人ホーム等に入っていた場合の小規模宅地の特例


小規模宅地の特例は、相続税申告の際、適用の可否により大きく税額が変わります。

そのため、適用の可否を慎重に判断する必要があります。

 

今回は、最近比較的多く相談を頂く、被相続人が老人ホーム等に入居していた場合の小規模宅地の特例可否について確認をしていきたいと思います。

続きを読む

不動産投資に関する独り言


不動産投資を行う方にとって、返済期間の長短は収支に重要な影響を与えるためとても重要な問題です。

 

それを裏付けるように不動産投資関連の書籍を読むと、返済期間を長くして、キャッシュフローを最大化しましょう!!と書いてあるものをよく目にします。

 

人それぞれの投資スタイルがあると思いますので、返済期間を超長期間にすることが悪だとは思いません。

 

ただ、最近、不動産投資をされている方から、本質を忘れたキャッシュフロー最大化の話を聞き、不安に思うことがあるのも事実です。

 

続きを読む

相続税対策は本当に必要?


相続税の基礎控除が大幅に縮小されて以来、様々な業界が相続税対策のためにセミナーやら相談会等を開催しています。

 

私もセミナー講師や相続相談会の担当者として呼んで頂くことも多いですが、意外にも税金対策の必要性を感じる方は少ないなぁと感じています。

 

続きを読む

Freeeやマネーフォワード導入のすすめ!?


会社を設立したり、個人で事業を始める際に避けては通れないのが会計帳簿の作成作業です。

 

会計帳簿の作成と聞くと面倒くさそうだし、出来れば簡単に済ませたいと思いますよね?

 

最近ではAIやRPAの導入などにより経理作業の自動化などが検討されており、一見すると何だか楽に会計帳簿の作成できそうと考えている方も多いように思えます。

 

このような現状のなかで、弊所でも最近、相談依頼が多くなってきているものの一つにFreeeやマネーフォワードの導入やサポートがあります。

 

そのため、今回はFreeeやマネーフォワードを代表とするクラウド型会計ソフト導入について、実際に税理士の私が実務を通じて経験しているお話しをご紹介したいと思います。

続きを読む

吉川市の相続【失敗事例】


相続業務を行っていると、不動産の登記をする前にお声がけ頂けると良かったのにと思う事案に当たったりします。

 

最近行った相続税申告についても、結果は変わらないのに登記を先に行ってしまったことによる失敗事案がありました。

 

続きを読む

新設される配偶者居住権


民法改正に伴う配偶者居住権(令和2年4月施行)についての税務上の取り扱いが徐々に明らかにされてきました。

 

 

続きを読む

相続税申告時に誤りが多い無道路地の評価


相続税負担を圧縮する方法としては、相続発生日前に対策を行っておくことは最も重要です。

しかし、相続が発生したあとも重要な判断を行う必要があります。

二次相続を見越した一次相続の分割や相続税申告自体をどう行っていくかです。

特に相続税が課される方の多くは不動産を保有しているケースが多いため、自ずと土地評価が重要になってきます。

その中で、実務において土地評価は奥が深く、評価減が取れるにも関わらず、見逃しているケースが多くあります。

続きを読む

個人事業主は家族に給与を支払うときには注意が必要


個人事業者の皆さまにとってはようやく確定申告が終わりほっとしたのは束の間、あと2カ月ほどすると税務調査の連絡が入り始めるころとなります。

 

業種により、チェックポイントは違えど、個人の税務調査では共通して重点的にチェックされる項目がいくつかあります。

 

今回はその中でも家族に対する給与を取り上げます。

 

家族への給与はすべて必要経費になるわけではなく、税務調査でも課税庁と納税者の見解の相違が生じるポイントでもあります。

 

特に追徴税額も多くなるため、しっかりポイントを掴み適切な対応をとることが重要です。

続きを読む

税務調査で安易な署名押印には注意!?


税務調査が進んでくると、稀に質問応答記録書という書類に署名押印を求められることがあります。

この質問応答記録書は調査の山場で出てくる場合が多く、場合によっては税務調査の結果を大きく左右するものです。

そのため、税務調査を受ける方は、この質問応答記録書についてしっかり理解しておくことが重要です。

 

続きを読む

過去のブログ


※当ブログに掲載されている記事の内容につきましては、掲載時点における法令に基づき正しい情報を提供することに務めてはおりますが、提供している記事の内容により損失や損害などの被害が発生したとしても、責任を負いかねますことをご承知おきください。