ブログ


 

  事務所通信として日々の業務などを中心に

 

ここだけ”の内容をブログとして

 

不定期に更新しています。

 

 

最近のブログ(10テーマ)


高すぎる延滞税。免除は可能か?


税務調査が実施され、折衝が進んでくると、今度はどう納税するか?といった問題に直面します。

 

特に個人事業主の税務調査が行われた場合、本来の納税資金が生活や娯楽に使われてしまっているケースが多く、納税計画をどう組み立てていくかはその後の事業の資金繰りにも直結する大きな問題です。

 

そして、納税計画を考える中でも、納付が遅れれば遅れるほど重い負担となってくる延滞税の扱いは極めて重要です。

免除制度を上手に利用しながら、計画的に納税を行う必要があります。

 

続きを読む

個人事業主は家族に給与を支払うときには注意が必要


個人事業者の皆さまにとってはようやく確定申告が終わりほっとしたのは束の間、あと2カ月ほどすると税務調査の連絡が入り始めるころとなります。

 

業種により、チェックポイントは違えど、個人の税務調査では共通して重点的にチェックされる項目がいくつかあります。

 

今回はその中でも家族に対する給与を取り上げます。

 

家族への給与はすべて必要経費になるわけではなく、税務調査でも課税庁と納税者の見解の相違が生じるポイントでもあります。

 

特に追徴税額も多くなるため、しっかりポイントを掴み適切な対応をとることが重要です。

続きを読む

事前通知と調査通知。名称は似てるが意図は全く異なる。


納税者が自分に税務調査が行われることが一般的にわかる時期は、税務署から通知が来た時点です。

 

実はこの「通知」は税務調査で重要な意味を持ちます。

 

特に国税通則法が改正され、平成29年1月1日以後に法定申告期限が到来する国税については、調査通知をされた後は、加算税の率が異なることとなったため、どの時点で調査通知を受けたかは非常に重要です。

続きを読む

個人事業主の税務調査による影響(地方税を中心として)


個人事業主に対して税務調査が実施され、修正申告等を行う場合、国税については加算税や延滞税が課されます。

 

書籍やネットで情報を拾ってみると国税に関する加算税や延滞税については詳細に説明されています。

 

 

しかし、地方税については、なかなか解説書がありません。

 

そこで、今回は個人事業主の税務調査により修正等があった場合の加算金や延滞金について確認をしていきます。

 

続きを読む

個人事業主が絶対に避けたい青色申告の承認の取り消し


個人事業主が何げなく提出した青色申告の承認の届出ですが、税務調査にて承認を取り消されてしまう場合があります。

 

普段、青色申告にて申告している個人事業者の方は、青色申告が当たり前すぎて、多くのメリットを得ていることを忘れがちですが、青色申告の承認の取り消しを食らうと多額の税負担の増加を招く場合があるため注意が必要です。

続きを読む

個人事業主の税務調査は何年遡り調査されるのか?時効は何年か?


続きを読む

税務調査相談事例(千葉県野田市)


弊所ホームページをご覧頂き、千葉県野田市在住の個人事業主(建設業)の方より税務調査立合いのご相談を頂きました。

 

 

本事例は本人確認が出来ないよう匿名かつ概略のみとし、事実関係を一部変更したうえ、ご本人の承諾を頂きご紹介しています。 

続きを読む

法人税が無申告の場合の影響と対処方法②

続きを読む

相続税申告時に誤りが多い無道路地の評価


相続税負担を圧縮する方法としては、相続発生日前に対策を行っておくことは最も重要です。

しかし、相続が発生したあとも重要な判断を行う必要があります。

二次相続を見越した一次相続の分割や相続税申告自体をどう行っていくかです。

特に相続税が課される方の多くは不動産を保有しているケースが多いため、自ずと土地評価が重要になってきます。

その中で、実務において土地評価は奥が深く、評価減が取れるにも関わらず、見逃しているケースが多くあります。

続きを読む

法人税が無申告の場合の影響と対処方法


続きを読む

過去のブログ


※当ブログに掲載されている記事の内容につきましては、掲載時点における法令に基づき正しい情報を提供することに務めてはおりますが、提供している記事の内容により損失や損害などの被害が発生したとしても、責任を負いかねますことをご承知おきください。